Aristotle Pol.Ⅲ.4. Translation     アリストテレス『政治学』 第三巻第四章 訳  

Aristotle Pol.Ⅲ.4. Text & Translation     アリストテレス政治学』 第三巻第四章 訳            

 

 

【本文構成】*2

 

Ⅰ 1276b16-b31

b16 問題提起

b20 市民の徳の概要

 

Ⅱ 1276b31-1277a13 

b31 国制全般の場合

b35 最善の国制の場合 

a5  一般的に市民の徳は市民と相対的である。

 

Ⅲ 1277a13-1277b32 

a13 すぐれた支配者・ポリス指導者の場合、市民の徳と善き人の徳は一致する

a25 市民の徳は、支配と被支配(統治と被統治)の両方に関わる。2つの見解の対立

a33 主人的支配:支配者は被支配者と同じ事柄を学ぶ必要は無い

b7  ポリス的支配:すぐれた市民は支配と被支配の両方を学ぶ必要がある

b16 善き人の徳は支配者と被支配者の両方に跨がる。思慮は支配者に固有の徳。

b30 総括

 

 

 

Ⅰ 1276b16-b31

 

1276b16

Τῶν δὲ νῦν εἰρημένων ἐχόμενόν ἐστιν ἐπισκέψασθαι πότερον τὴν αὐτὴν ἀρετὴν ἀνδρὸς ἀγαθοῦ καὶ πολίτου σπουδαίου θετέον, ἢ μὴ τὴν αὐτήν. ἀλλὰ μὴν εἴ γε τοῦτο τυχεῖν δεῖ ζητήσεως, τὴν τοῦ πολίτου τύπῳ τινὶ πρῶτον ληπτέον.

 

さて、今論じられた事柄に続いて考察すべきことは、善き人の徳とすぐれた市民の徳は同じものであるとみなすべきか、それとも同じではないとみなすべきか、という問題である。しかし、もし本当にこの問題が探求される必要があるのなら、まずは市民の徳の輪郭を把握しておかなければならない。

 

 

1276b20

ὥσπερ οὖν ὁ πλωτὴρ εἷς τις τῶν κοινωνῶν ἐστιν, οὕτω καὶ τὸν πολίτην φαμέν. τῶν δὲ πλωτήρων καίπερ ἀνομοίων ὄντων τὴν δύναμιν (ὁ μὲν γάρ ἐστιν ἐρέτης, ὁ δὲ κυβερνήτης, ὁ δὲ πρῳρεύς, ὁ δ' ἄλλην τιν' ἔχων τοιαύτην ἐπωνυμίαν) δῆλον ὡς ὁ μὲν ἀκριβέστατος ἑκάστου λόγος ἴδιος ἔσται τῆς ἀρετῆς, ὁμοίως δὲ καὶ κοινός τις ἐφαρμόσει πᾶσιν. ἡ γὰρ σωτηρία τῆς ναυτιλίας ἔργον ἐστὶν αὐτῶν πάντων· τούτου γὰρ ἕκαστος ὀρέγεται τῶν πλωτήρων. ὁμοίως τοίνυν καὶ τῶν πολιτῶν, καίπερ ἀνομοίων ὄντων, ἡ σωτηρία τῆς κοινωνίας ἔργον ἐστί, κοινωνία δ' ἐστὶν ἡ πολιτεία· 〔1276b.30〕διὸ τὴν ἀρετὴν ἀναγκαῖον εἶναι τοῦ πολίτου πρὸς τὴν πολιτείαν.

 

そこで、ちょうど船員が共同体の一員であるように、そのように市民もまた〔共同体の一員である〕と我々は主張する。とはいえ*3、船員たちは技能の点で異なる性質の者たちであるので(すなわち、或る者は漕ぎ手、或る者は操舵手、或る者は見張り、或る者はそのような何か他の名前を持つ者である)、一方で、彼らの徳の最も厳密な定義は、各人に固有のものとなるであろうことは明らかだが、他方で、何か共通の〔定義〕が全員に当てはまるであろうことも同様に明らかである。というのは、航海の安全を保つことは彼ら全員の働きであるのだから。つまり、船員の各々がそれを求めているのである。したがって、市民についても同様である。たしかに市民達は同じ性質の者ではないのだけれども、共同体の安全を保つことが〔彼ら全員の〕働きなのである。そして、その共同体は国制である。〔1276b30〕それ故に、市民の徳が国制との関係においてあることは必然なのである。

 

 

Ⅱ 1276b31-1277a13 

 

1276b31

εἴπερ οὖν ἔστι πλείω πολιτείας εἴδη, δῆλον ὡς οὐκ ἐνδέχεται τοῦ σπουδαίου πολίτου μίαν ἀρετὴν εἶναι, τὴν τελείαν· τὸν δ' ἀγαθὸν ἄνδρα φαμὲν κατὰ μίαν ἀρετὴν εἶναι, τὴν τελείαν. ὅτι μὲν οὖν ἐνδέχεται πολίτην ὄντα σπουδαῖον μὴ κεκτῆσθαι τὴν ἀρετὴν καθ' ἣν σπουδαῖος ἀνήρ, φανερόν·

 

そこで、もし国制には多くの種類が存在するならば、明らかに、優れた市民の徳が一つの完結した徳であることはあり得ないのである。その一方で、善き人は、一つの完結した徳に基づいて善き人であると我々は語るのである。したがって、市民としてはすぐれていても、すぐれた人がそれに基づいているところの徳を持たないことがありうる、ということは明らかである。

 

 

1276b35

οὐ μὴν ἀλλὰ καὶ κατ' ἄλλον τρόπον ἔστι διαποροῦντας ἐπελθεῖν τὸν αὐτὸν λόγον περὶ τῆς ἀρίστης πολιτείας. εἰ γὰρ ἀδύνατον ἐξ ἁπάντων σπουδαίων ὄντων εἶναι πόλιν, δεῖ γ' ἕκαστον τὸ καθ' αὑτὸν ἔργον εὖ ποιεῖν, τοῦτο δὲ ἀπ' ἀρετῆς· 〔1276b.40〕ἐπεὶ δὲ ἀδύνατον ὁμοίους εἶναι πάντας τοὺς πολίτας, οὐκ ἂν 〔1277a.1〕εἴη μία ἀρετὴ πολίτου καὶ ἀνδρὸς ἀγαθοῦ. τὴν μὲν γὰρ τοῦ σπουδαίου πολίτου δεῖ πᾶσιν ὑπάρχειν (οὕτω γὰρ ἀρίστην ἀναγκαῖον εἶναι τὴν πόλιν), τὴν δὲ τοῦ ἀνδρὸς τοῦ ἀγαθοῦ ἀδύνατον, εἰ μὴ πάντας ἀναγκαῖον ἀγαθοὺς εἶναι τοὺς ἐν τῇ σπουδαίᾳ πόλει πολίτας.

 

しかしまた、別の視点からも問題を考察することによって、最善の国制に関して同じ議論をすることができる。すなわち、ポリスが優れた人々だけから成り立つことは不可能ではあるとしても、少なくとも各人は自分自身に即した仕事をよく行なうべきであり、このことは徳に由来するのであるならば、〔1276b40〕市民全員が同じ性質の者であることは不可能である以上、〔1277a1〕市民の徳と善き人の徳とは同一ではありえないであろう。というのは、一方で、すぐれた市民の徳はあらゆる人に備わっていなければならないが(というのは、そのようにしてこそポリスは最善のものでなければならないのだから)、他方で、すぐれたポリスにおける市民全員が必然的に善き人々であるというのでないかぎりは*4、善き人の徳があらゆる市民に備わることは不可能であるのだから。

 

 

1277a5

ἔτι ἐπεὶ ἐξ ἀνομοίων ἡ πόλις, ὥσπερ ζῷον εὐθὺς ἐκ ψυχῆς καὶ σώματος, καὶ ψυχὴ ἐκ λόγου καὶ ὀρέξεως, καὶ οἰκία ἐξ ἀνδρὸς καὶ γυναικός, καὶ κτῆσις ἐκ δεσπότου καὶ δούλου, τὸν αὐτὸν τρόπον καὶ πόλις ἐξ ἁπάντων τε τούτων καὶ πρὸς τούτοις ἐξ ἄλλων ἀνομοίων 〔1277a.10〕συνέστηκεν εἰδῶν, ἀνάγκη μὴ μίαν εἶναι τὴν τῶν πολιτῶν πάντων ἀρετήν, ὥσπερ οὐδὲ τῶν χορευτῶν κορυφαίου καὶ παραστάτου. διότι μὲν τοίνυν ἁπλῶς οὐχ ἡ αὐτή, φανερὸν ἐκ τούτων·

 

さらに、ポリスが異なる性質の人々から成り立っている以上――ちょうど、動物がまず魂と身体から成り立ち、魂は理性と欲求から成り立ち、家は男と女から成り立ち、財産は主人と奴隷から成り立つように、ポリスも同じ仕方で、それら全てと、それらに加えて、性質の異なる他の様々な種類のものから成り立っている以上――、〔1277a10〕全ての市民の徳が一つでないことは必然である。ちょうど、合唱団でも主役と脇役の徳が同一ではないように。したがって、〔すぐれた市民の徳と善き人の徳とが〕無条件的には同じでない理由は、以上のことから明らかである。

 

Ⅲ 1277a13-1277b32

 

1277a13

ἀλλ' ἆρα ἔσται τινὸς ἡ αὐτὴ ἀρετὴ πολίτου τε σπουδαίου καὶ ἀνδρὸς σπουδαίου; φαμὲν δὴ τὸν ἄρχοντα τὸν σπουδαῖον ἀγαθὸν εἶναι καὶ φρόνιμον, τὸν δὲ πολίτην οὐκ ἀναγκαῖον εἶναι φρόνιμον. καὶ τὴν παιδείαν δ' εὐθὺς ἑτέραν εἶναι λέγουσί τινες ἄρχοντος, ὥσπερ καὶ φαίνονται οἱ τῶν βασιλέων υἱεῖς ἱππικὴν καὶ πολεμικὴν παιδευόμενοι, καὶ Εὐριπίδης φησὶ “μή μοι τὰ κόμψ' ... ἀλλ' ὧν πόλει 〔1277a.20〕 δεῖ”, ὡς οὖσάν τινα ἄρχοντος παιδείαν. εἰ δὲ ἡ αὐτὴ ἀρετὴ ἄρχοντός τε ἀγαθοῦ καὶ ἀνδρὸς ἀγαθοῦ, πολίτης δ' ἐστὶ καὶ ὁ ἀρχόμενος, οὐχ ἡ αὐτὴ ἁπλῶς ἂν εἴη πολίτου καὶ ἀνδρός,

τινὸς μέντοι πολίτου· οὐ γὰρ ἡ αὐτὴ ἄρχοντος καὶ πολίτου, καὶ διὰ τοῦτ' ἴσως Ἰάσων ἔφη πεινῆν ὅτε μὴ τυραννοῖ, ὡς οὐκ ἐπιστάμενος ἰδιώτης εἶναι.

 

しかし、或る特定の者の場合、果たしてすぐれた市民の徳とすぐれた人の徳とは同じであるのだろうか。実際、すぐれた支配者は善き人、思慮ある人であり、その一方で市民は必ずしも思慮ある人ではない、と我々は語る。また、或る人々は、支配者の教育は始めから異なっていると語っている。実際、王族の息子達が騎馬術や戦術を教わっていることが明らかであるように。エウリピデスもまた、〔1277a20〕「私のために豪奢なものではなく、むしろポリスに必要なものを」と語っているように。それは支配者の教育は特別であることを含意しているのである。そこで、もし善き支配者の徳と善き人の徳が同じであるとしても、支配される者も市民であるならば、無条件的には市民の徳と人の徳は同じではなく、或る特定の市民の場合には同じであることになるだろう。というのは、支配する者の徳と市民の徳は同じではないからである。そして、それ故におそらくイアソンは「僭主でないときは飢えていた」と語ったのである。それは、私人であることを知らないという意味である。

 

 

1277a25

ἀλλὰ μὴν ἐπαινεῖταί γε τὸ δύνασθαι ἄρχειν καὶ ἄρχεσθαι, καὶ πολίτου <δοκεῖ> δοκίμου ἡ ἀρετὴ εἶναι τὸ δύνασθαι καὶ ἄρχειν καὶ ἄρχεσθαι καλῶς. εἰ οὖν τὴν μὲν τοῦ ἀγαθοῦ ἀνδρὸς τίθεμεν ἀρχικήν, τὴν δὲ τοῦ πολίτου ἄμφω, οὐκ ἂν εἴη ἄμφω ἐπαινετὰ ὁμοίως. ἐπεὶ οὖν 〔1277a.30〕ποτε δοκεῖ ἕτερα, καὶ οὐ ταὐτὰ δεῖν τὸν ἄρχοντα μανθάνειν καὶ τὸν ἀρχόμενον, τὸν δὲ πολίτην ἀμφότερ' ἐπίστασθαι καὶ μετέχειν ἀμφοῖν, τοὐντεῦθεν ἂν κατίδοι τις.

 

しかし、たしかに、支配し、支配されることができることは称賛されるのであり、また、尊敬される市民の徳とは、立派に支配し、かつ立派に支配される能力であると思われる。そこで、もし、一方で善き人の徳を支配することに関係する徳と見なし、他方で市民の徳は〔支配することと支配されることの〕両方に関係する徳と見なすなら、〔善き人の徳と市民の徳の〕両方が同じように称賛されうることにはならないであろう。そこで、〔1277a30〕ときには支配する者と支配される者の両者が学ぶべきなのは別々の事柄であって同じ事柄ではないが、他方で、市民は両方を知り、両方に与るべきである、と思われる以上、そこからの〔帰結を〕人は見てとることができるであろう。

 

 

1277a33  

ἔστι γὰρ ἀρχὴ δεσποτική· ταύτην δὲ τὴν περὶ τὰ ἀναγκαῖα λέγομεν, ἃ ποιεῖν ἐπίστασθαι τὸν ἄρχοντα οὐκ ἀναγκαῖον, ἀλλὰ χρῆσθαι μᾶλλον· θάτερον δὲ καὶ ἀνδραποδῶδες. λέγω δὲ θάτερον τὸ δύνασθαι καὶ ὑπηρετεῖν τὰς διακονικὰς πράξεις. δούλου δ' εἴδη πλείω λέγομεν· αἱ γὰρ ἐργασίαι πλείους. ὧν ἓν μέρος κατέχουσιν οἱ χερνῆτες· οὗτοι δ' εἰσίν, ὥσπερ σημαίνει καὶ τοὔνομ' αὐτό, οἱ ζῶντες ἀπὸ〔1277b.1〕τῶν χειρῶν, ἐν οἷς ὁ βάναυσος τεχνίτης ἐστίν. διὸ παρ' ἐνίοις οὐ μετεῖχον οἱ δημιουργοὶ τὸ παλαιὸν ἀρχῶν, πρὶν δῆμον γενέσθαι τὸν ἔσχατον. τὰ μὲν οὖν ἔργα τῶν ἀρχομένων οὕτως οὐ δεῖ τὸν ἀγαθὸν [οὐδὲ τὸν] πολιτικὸν οὐδὲ τὸν πολίτην τὸν ἀγαθὸν μανθάνειν, εἰ μή ποτε χρείας χάριν αὐτῷ πρὸς αὑτόν· οὐ γὰρ ἔτι συμβαίνει γίνεσθαι τὸν μὲν δεσπότην τὸν δὲ δοῦλον.

 

すなわち、主人的支配というものがある。それで我々は、必要不可欠な仕事に関わる支配のことを意味している。支配者が知る必要のあることとは、〔必要不可欠な仕事を〕行なうことではなく、むしろ使用することである。前者は奴隷に関わることである。私は前者で、奉仕の仕事に従事する能力があるということを意味している。そして、奴隷にも多くの種類があると我々は語る。というのは、奴隷の仕事は複数あるからである。その一部分を、手間仕事をする人々が占めている。彼らは、ちょうどその名前も示しているように、手によって生計を立てている人々であり、〔1277b1〕彼らの中には、手職人が含まれる。それ故に、いくつかの国々においては、昔、究極的な民主制が生じる以前には、手工業者達は公職に与っていなかったのである。したがって、そのようにして支配される者達の仕事を、善き人も、ポリス指導者も、善き市民も学ぶ必要はないのである。ときどき、必要のために、自分で自分自身のためになすのでないかぎりは。というのは、もはや一方が主人、他方が奴隷〔という関係が〕生じることにはならないからである。

 

 

1277b7

ἀλλ' ἔστι τις ἀρχὴ καθ' ἣν ἄρχει τῶν ὁμοίων τῷ γένει καὶ τῶν ἐλευθέρων. ταύτην γὰρ λέγομεν εἶναι τὴν πολιτικὴν ἀρχήν, ἣν δεῖ τὸν ἄρχοντα ἀρχόμενον〔1277b.10〕μαθεῖν, οἷον ἱππαρχεῖν ἱππαρχηθέντα, στρατηγεῖνστρατηγηθέντα καὶ ταξιαρχήσαντα καὶ λοχαγήσαντα. διὸ λέγεται καὶ τοῦτο καλῶς, ὡς οὐκ ἔστιν εὖ ἄρξαι μὴ ἀρχθέντα. τούτων δὲ ἀρετὴ μὲν ἑτέρα, δεῖ δὲ τὸν πολίτην τὸν ἀγαθὸν ἐπίστασθαι καὶ δύνασθαι καὶ ἄρχεσθαι καὶ ἄρχειν, καὶ αὕτη ἀρετὴ πολίτου, τὸ τὴν τῶν ἐλευθέρων ἀρχὴν ἐπίστασθαι ἐπ' ἀμφότερα.

 

しかし、それに基づけば、生まれの点で同じような自由人たちを治めるところの或る支配が存在する。すなわち、それは「ポリス的支配」であると我々は語り、支配する者は支配されることでそれを学ばなければならない。〔1277b10〕例えば、騎兵隊長の指揮に従うことで、騎兵隊を指揮すること〔を学び〕、将軍の指揮に従い、大隊や中隊を指揮することで、将軍として指揮すること〔を学ぶ〕。それ故に、支配されなければ、善く支配することはあり得ないということは、正しく語られているのである。そして、一方で彼ら〔支配する者と支配される者〕の徳は異なっているのだが、しかし、善き市民は、支配することと支配されることを知り、それらができるのでなければならない。そして、このことが、つまり、自由人の支配を両面にわたって知ることこそが市民の徳なのである。

 

 

1277b16

καὶ ἀνδρὸς δὴ ἀγαθοῦ ἄμφω, καὶ εἰ ἕτερον εἶδος σωφροσύνης καὶ δικαιοσύνης

ἀρχικῆς. καὶ γὰρ ἀρχομένου μὲν ἐλευθέρου δὲ δῆλον ὅτι οὐ μία ἂν εἴη τοῦ ἀγαθοῦ ἀρετή, οἷον δικαιοσύνη, ἀλλ' εἴδη 〔1277b.20〕ἔχουσα καθ' ἃ ἄρξει καὶ ἄρξεται, ὥσπερ ἀνδρὸς καὶ γυναικὸς ἑτέρα σωφροσύνη καὶ ἀνδρεία (δόξαι γὰρ ἂν εἶναι δειλὸς ἀνήρ, εἰ οὕτως ἀνδρεῖος εἴη ὥσπερ γυνὴ ἀνδρεία, καὶ γυνὴ λάλος, εἰ οὕτω κοσμία εἴη ὥσπερ ὁ ἀνὴρ ὁ ἀγαθός· ἐπεὶ καὶ οἰκονομία ἑτέρα ἀνδρὸς καὶ γυναικός· τοῦ μὲν γὰρ κτᾶσθαι τῆς δὲ φυλάττειν ἔργον ἐστίν). ἡ δὲ φρόνησις ἄρχοντος ἴδιος ἀρετὴ μόνη. τὰς γὰρ ἄλλας ἔοικεν ἀναγκαῖον εἶναι κοινὰς καὶ τῶν ἀρχομένων καὶ τῶν ἀρχόντων,

ἀρχομένου δέ γε οὐκ ἔστιν ἀρετὴ φρόνησις, ἀλλὰ δόξα ἀληθής· ὥσπερ αὐλοποιὸς γὰρ ὁ ἀρχόμενος, ὁ δ' ἄρχων 〔1277b.30〕αὐλητὴς ὁ χρώμενος.

 

かくして、善き人の徳も両方にまたがっている。そしてもし、支配することに関わる節制や正義の種類が〔他とは〕と異なるものであるならば――なぜなら、自由人として支配される者の〔節制と正義の種類も他とは異なるものであるのだから〕――明らかに、善き人の徳(例えば正義)は、一つではありえないのであって、むしろ、〔1277b20〕支配することになるか、支配されることになるかに応じて複数の種類を持つのである。それはちょうど、男と女で節制と勇気とが異なるようなものである(すなわち、もし〔男が〕勇気ある女のように、そのように勇気があるとしても、臆病な男だと思われるであろう。また、もしちょうど善き男のように、そのように〔女が〕整然としているとしても、おしゃべりな女だと思われるであろう。なぜなら、家政でさえも、男と女とでは異なっているのだから。すなわち、一方で男の仕事は〔財を〕獲得することであり、他方で女の仕事は〔財を〕守ることである)。しかし、思慮は支配者に固有の唯一の徳である。というのは、他の諸徳は支配される者にも支配する者にも共通に属していなければならないが、少なくとも支配される者の徳は思慮ではなく、むしろ真なる信念であるのだから。なぜなら、支配される者がちょうど笛作りのようであり、支配する者が〔1277b30〕ちょうど〔笛を〕使う笛吹きのようであるのだから。

 

 

1277b30

πότερον μὲν οὖν ἡ αὐτὴ ἀρετὴ ἀνδρὸς ἀγαθοῦ καὶ πολίτου σπουδαίου ἢ ἑτέρα, καὶ πῶς ἡ αὐτὴ καὶ πῶς ἑτέρα, φανερὸν ἐκ τούτων.

 

したがって、善き人の徳とすぐれた市民の徳とは同じであるのか、それとも異なるのか、そして、どのような意味でそれらは同じであり、どのような意味で異なるのかは、以上から明らかである。

 

*1:ただし、Newman、Susemihl & Hicks、Dreizehter、Aubonnet、も参照している。Rossの読み方を採らない場合もあるが、以下ではいちいち明言しない。個別箇所でのテキストの選択について詳しくは別記事のCommentaryを参照のこと。

*2:おおよそSimpsonの整理に従う。Commentaryを参照のこと。

*3:καίπερは、「船員たちは技能の点で異なる性質の者たちであるけれども」と訳したほうがよいかもしれない

*4:もっと強く訳すなら、「・・・市民全員が善き人々でないということが必然であるかぎり」Cf. Schütrumpf