Metaphysics Δ.30. Translation『形而上学』Δ巻第30章 翻訳

 

 Συμβεβηκὸς λέγεται ὃ ὑπάρχει μέν τινι καὶ ἀληθὲς 〔1025a.15〕εἰπεῖν, οὐ μέντοι οὔτ' ἐξ ἀνάγκης οὔτε <ὡς> ἐπὶ τὸ πολύ, οἷον εἴ τις ὀρύττων φυτῷ βόθρον εὗρε θησαυρόν. τοῦτο τοίνυν συμβεβηκὸς τῷ ὀρύττοντι τὸν βόθρον, τὸ εὑρεῖν θησαυρόν· οὔτε γὰρ ἐξ ἀνάγκης τοῦτο ἐκ τούτου ἢ μετὰ τοῦτο, οὔθ' ὡς ἐπὶ τὸ πολὺ ἄν τις φυτεύῃ θησαυρὸν εὑρίσκει. καὶ μουσικός γ' 〔1025a.20〕ἄν τις εἴη λευκός· ἀλλ' ἐπεὶ οὔτε ἐξ ἀνάγκης οὔθ' ὡς ἐπὶ τὸ πολὺ τοῦτο γίγνεται, συμβεβηκὸς αὐτὸ λέγομεν. ὥστ' ἐπεὶ   ἔστιν ὑπάρχον τι καὶ τινί, καὶ ἔνια τούτων καὶ ποὺ καὶ ποτέ, ὅ τι ἂν ὑπάρχῃ μέν, ἀλλὰ μὴ διότι τοδὶ ἦν ἢ νῦν ἢ ἐνταῦθα, συμβεβηκὸς ἔσται. οὐδὲ δὴ αἴτιον ὡρισμένον οὐδὲν 〔1025a.25〕τοῦ συμβεβηκότος ἀλλὰ τὸ τυχόν· τοῦτο δ' ἀόριστον. συνέβη τῳ εἰς Αἴγιναν ἐλθεῖν, εἰ μὴ διὰ τοῦτο ἀφίκετο ὅπως ἐκεῖ ἔλθῃ, ἀλλ' ὑπὸ χειμῶνος ἐξωσθεὶς ἢ ὑπὸ λῃστῶν ληφθείς. γέγονε μὲν δὴ ἢ ἔστι τὸ συμβεβηκός, ἀλλ' οὐχ ᾗ αὐτὸ ἀλλ' ᾗ ἕτερον· ὁ γὰρ χειμὼν αἴτιος τοῦ μὴ ὅπου ἔπλει ἐλθεῖν,〔1025a.30〕τοῦτο δ' ἦν Αἴγινα.

或るものに属し、真実を語ることのできるもの、しかし必然的でもなく大抵の場合にでもないものは付帯的と呼ばれる。例えば、植物のために穴を掘っていて宝を発見する場合がそうである。宝を発見することは穴を掘る者にとって付帯的なことである。なぜなら宝を発見することは、穴を掘ることから、あるいは穴を掘ることの後に必然的に生じるわけではないし、人が植樹をするなら、大抵の場合に宝を発見するということもないであろうから。また、音楽の心得ある人は色白でありうる。しかし、色白であることは必然的にも大抵の場合にも生じないのだから、我々はそれを付帯的であると述べるのである。その結果、あるものに属する何かが存在し、それらの幾つかはある場所、ある時間において属するのだから、何であれ属するものは、今あるいはここでこのものであるという故にではなく、付帯的であることになろう。したがって、付帯的なことには定まった原因というものはなくて、ただ偶然的な原因がある。そしてそれは不定の原因である。アイギナに行くことについても、人がそこに行くために、そのためにこそ到着したのではなくて、むしろ嵐によって漂着したか、あるいは海賊によって捕らわれて〔そこに行った〕なら、それは付帯的なのである。たしかに、付帯的なことは生じたか、あるいは存在しているのだが、しかしそれ自体の故にではなく、他のことの故にそうなのである。なぜなら嵐とは、人がそこに向かって航海していたのではないところに行くことの原因なのであって、それがアイギナであったのだから。

λέγεται δὲ καὶ ἄλλως συμβεβηκός, οἷον ὅσα ὑπάρχει ἑκάστῳ καθ' αὑτὸ μὴ ἐν τῇ οὐσίᾳ ὄντα, οἷον τῷ τριγώνῳ τὸ δύο ὀρθὰς ἔχειν. καὶ ταῦτα μὲν ἐνδέχεται ἀΐδια εἶναι, ἐκείνων δὲ οὐδέν. λόγος δὲ τούτου ἐν ἑτέροις. 

また他の意味でも付帯性は語られる。すなわち、それぞれのものにそれ自体で属すが本質存在においてではないもののことである。例えば、三角形には二直角が属する場合がそうである。一方では、そのような付帯性は永遠的でありうるが、前述の〔付帯性〕のいずれも永遠的ではない。この点についての説明は他所でされる。

*1:底本は“Aristotle's metaphysics, 2 vols.”, Ed. Ross, W.D. Oxford: Clarendon Press, 1924, Repr. 1970 [of 1953 corr. edn.].