ファンタシアーと思考、能動知性 Caston, Victor. ”Phantasia and Thought.”

  • Caston, Victor (2009). Phantasia and Thought. In Georgios Anagnostopoulos (ed.), A Companion to Aristotle. Wiley-Blackwell. pp. 322-34.

 

キーワード

Aristotle, phantashia, thought, perception, De anima, agent intellect

 

Intro

・知覚と思考はそれぞれ、その対象によって引き起こされる点で類比的。

相違点

ー知覚は個別の知覚可能な対象に関わり、またそれによって引き起こされる

ー思考は普遍的なものに関わる。

思考は間接的に知覚に依拠し、それに由来している

・知覚と思考の媒介項となる能力はphantasia。それは周囲に現前しないものを心に現前させる能力や、我々が誤りをおかす能力について説明する。さらに、phantasiaと思考は魂と身体との関係についての形而上学的関心を惹起する。

 

Phantasia

・De an.とParva Nat.:phantasiaを用いるときの我々の状態(phantasma)なしに思考することはない。

・Phantasiaはimaginationではない。phantasmaは心の目で見るようなものではない。(多くの解釈は'image'という訳語を当ててその意味で用いてきた)

・Pl.のphantasia定義:"a belief that comes about through perception" 

Ar.はbeliefよりも基本的なものとみなし、Pl.以上にphantasiaを知覚経験と密接に結びつける。Ar.においてphantasiaはperceptionではないがperceptionに似ている。phantasiaは地殻活動のtrace or echoで、知覚と同じ内容を持ちうる。

・伝統的なmental image解釈への批判 Cf. M.Schofield(1978), M.Nussbaum(1978)

両者ともphantasiaの解釈的(説明的)性質と、日常的知覚経験に浸透した役割を強調。

・D.Modrak(1978), D.Frede(1992)は伝統的解釈を擁護。Wedin(1988)は'cognitivist'的解釈を新たに提示し、phantasmataをphysical states of the bodyとして説明。

・phantasiaは心的状態の根底に或る内的表象の一形態であるという説明は、the problem of presence in absenseとthe problem of errorを説明できる。

 

Thought

  • The content of thought

・basic form of thinking="understanding"

"the content of understanding depends on the quasi-perceptual content of individual phantasmata and is therefore constrained by it."

・a more discursive form="dianoia"・・・combination and division(forms of predication) of basic concepts

 

  • The metaphysics of understanding

・De an.Ⅲ.4 "Whether the understanding is separable"

人間のunderstandingは身体的活動なしにはあり得ない(understandingはphantasmataを含み、phantasmataは知覚システムの一機能である。人間のunderstandingは身体と別個に存在し得ない)

・understanding=immaterial faculty説もあるが(Hamlyn 1978; Robinson 1983; Sisko 2000)、Ar.の主張と不一致。

・筆者はminimalist readingを支持。"The capacity to understand is something that belong to the human being as a whole, without any additional special apparatus"

 

  • The "agent intellect"

・De an.Ⅲ.5. "agent intellect"(nous poietikos, intellect agens)

解釈

(A)"each human being has an "agent intellect" of his own, which guarantees dome form of continued existence after death"(Thomas Aquinnas, 20世紀 e.g.Ross, Rist)

(B)"It belong to a different kind of soul"

  1. one of the higher intelligences (Arabic and Italian Renaissance commentators)
  2. God himself(Alexander of Aphrodisias)

 

・(A)(B)いずれもAr.のNaturalismを説明できない(Michael Wedin)。Ar.の説明は”stubbornly naturalistic”。De an.Ⅲ.5は、a distinction between two"subsystems" within a single, unified mindを提示。

・人間の思考を生み出すような”agent intellect”に相当する”agent sense”は存在しない。したがって、sensationの説明のために用いられるthe simple causal modelはunderstandingの場合には不適切ということになる。

⇒このモデルの何が不適切か。understandingとsensationの説明の間に成り立つ"in just the way"はどうなるのか?

 

・解決策:to deny that the second understanding is part of what we would call the causal mechanism of thought.

人間のunderstandingはsensationと同じレベルで働く。”The second understanding is introduced only against the backdrop of "the whole of nature"”.それは神であるとしても、我々の思考についての因果的説明を妨げない。