Metaphysics Δ.19-20. Translation『形而上学』Δ巻第19-20章 翻訳

 

第十九章

 Διάθεσις λέγεται τοῦ ἔχοντος μέρη τάξις ἢ κατὰ τόπον ἢ κατὰ δύναμιν ἢ κατ' εἶδος· θέσιν γὰρ δεῖ τινὰ εἶναι, ὥσπερ καὶ τοὔνομα δηλοῖ ἡ διάθεσις. 

ディアテシスと語られるのは、部分を持つものの、場所ないし能力ないし種に関する配列(秩序)のことである。なぜなら、ちょうどディアテシスという名も明らかにしているように、それはある種の位置(状況)でなければならないのだから。

 

第二十章

 Ἕξις δὲ λέγεται ἕνα μὲν τρόπον οἷον ἐνέργειά τις τοῦ 〔1022b.5〕ἔχοντος καὶ ἐχομένου, ὥσπερ πρᾶξίς τις ἢ κίνησις (ὅταν γὰρ τὸ μὲν ποιῇ τὸ δὲ ποιῆται, ἔστι ποίησις μεταξύ· οὕτω καὶ τοῦ ἔχοντος ἐσθῆτα καὶ τῆς ἐχομένης ἐσθῆτος ἔστι μεταξὺ 
ἕξις)·  – ταύτην μὲν οὖν φανερὸν ὅτι οὐκ ἐνδέχεται ἔχειν ἕξιν (εἰς ἄπειρον γὰρ βαδιεῖται, εἰ τοῦ ἐχομένου ἔσται ἔχειν τὴν 〔1022b.10〕ἕξιν), ἄλλον δὲ τρόπον ἕξις λέγεται διάθεσις καθ' ἣν ἢ εὖ ἢ κακῶς διάκειται τὸ διακείμενον, καὶ ἢ καθ' αὑτὸ ἢ πρὸς ἄλλο, οἷον ἡ ὑγίεια ἕξις τις· διάθεσις γάρ ἐστι τοιαύτη. ἔτι ἕξις λέγεται ἂν ᾖ μόριον διαθέσεως τοιαύτης· διὸ καὶ ἡ τῶν μερῶν ἀρετὴ ἕξις τίς ἐστιν. 

ヘクシスと語られるのは、一方で、ある意味では、所有するものと所有されるものの〔中間にある〕ある種の現実活動状態のことである。ある種の行為や運動がその例である。(なぜなら、一方のものが制作し、他方のものが制作される場合に、その中間が制作であるのだから。そのように、衣服を所有するものと所有される衣服との中間が所有(ヘクシス)である。)――ところで、そのような所有が、所有を所有することができないのは明らかである(なぜなら、所有されたものの所有を所有することができるならば、無限後退に陥ってしまうのだから)。他方で、別の意味では、それに基づいて善いとか悪いという状態に置かれるような――しかもそれ自体において、あるいは他のものとの関係において――ディアテシスがヘクシスと語られる。例えば、健康はある種のヘクシスである。なぜなら、健康はそのようなディアテシスであるのだから。さらに、ヘクシスと語られるのは、そのようなディアテシスの部分がある場合である。それ故に、諸部分の徳もある種のヘクシスなのだ。

*1:底本は“Aristotle's metaphysics, 2 vols.”, Ed. Ross, W.D. Oxford: Clarendon Press, 1924, Repr. 1970 [of 1953 corr. edn.].